過ぎ行く2月に買った9冊の本…。

 

過ぎ行く2月に買った9冊の本たち…。

なんとなくパラパラめくったりはして読んではいるんだけど、あまり読み込みはできなかったなぁ。まぁ手元に置いてあればそのうち読むでしょう。そこは自分を責めずに楽観的に。

2月はいつになく本を買った月だった。いま自分の興味の範囲が広がってきているのかなと思う。いや、広くというよりは深化しているのかも…。どちらにせよ好奇心はとてもいい。楽しいです。

今月いちばん買ったのは寺山修司の本でした。あんま読んだことなかったな…と思って。最初に買った「仮面画報」は写真と文のムック本みたいで、雑誌感覚で観れたのでよかったです。ぱらぱらとだけど見ていて思ったのは、シュールレアリスムの世界が結構に垣間見れたような。ダリの画集も今度買うか。

しかし一方で、やはり寺山修司の短歌とか文章が読みたい…と思って適当にアマゾンからピックアップで購入したのが「寺山修司詩集」「月蝕機関説」。詩集はまぁさらさら読める。よくわからないものから、そこはかとなく沁みてくるものまで。「月食機関説」はエッセイ集のような感じ。最初っからダリとおならの話から入ってくるので、「???」となります。そりゃあ、なります。

えりこ
しかし、この3冊を通してこの方の「言葉の組み合わせ」のセンス好きだなと思った!

 

本のタイトル、「仮面画報」「月蝕機関説」もとても好き(月蝕機関説の最後の解説を読んでいると、その本のタイトルがあっさりと決まった経緯が書かれているので、ちょっと拍子抜けした)。

私がファンであるアニメ監督の幾原邦彦さんも、寺山修司のファン。「ユリ熊嵐」の解説か何かでは「言葉を二つ組み合わせることで新しくなる」みたいなこと言ってた気がする。

他には梅加代の写真集は2冊買った。あとは、音楽の録音関係の本と、写真関係の本と文章関係の本と…。

3月はこれらを読み込んでいく月にしようかしらね。

えりこ
みなさまも良い三月をね!また!

 

えりこ。


 

管理人のエリコです🙂
ブログをお読みいただきありがとうございます!
はてなブログにも同じ記事を投稿しており、読者登録コメントなども大歓迎✨
▶︎ https://erikoro.hatenablog.com/
どうぞ気軽にしていただけると嬉しいです🎶



Twitterもやっています♪(@emitabacco
こちらもフォローリプライなどウェルカム〜✨🙂