ガラス・ドームみたいに:葛西臨海水族園の入り口の写真

 

少し前に、横浜馬車道駅近くの「象の鼻テラス」の記事(▶︎過去記事:たまには空っぽになりたくて:横浜・馬車道駅近く「象の鼻テラス」へ)を書いた時、ハッと気づいた。私はどうやらガラス張りの建物が好きらしい。


(象の鼻テラスもガラス張り。)

テレビの特集でやっていた、世界で活躍する建築家ユニット「SANAA」の建築作品も「あ、いいな!」と思った。そうして名前を覚えてしまい、今思うとそれらもガラスを使った建築物であったことが私の心をくすぐったのかも(※SANAAの建築作品は、フランスのルーブル美術館別館金沢21世紀美術館などで知られています。NHKクローズアップ現代のHPでは「公園のような建築」と表現されています)。

愛用のカメラ内の画像を見返していると、葛西臨海水族園の入り口や夢の島熱帯植物館もガラス・ドームだった。葛西臨海水族園の入り口は、ひらけた場所になっていて、海が見える。この間行った時は天気もよくて水面がキラキラしていて、これだけでも入場料の半分くらい払えるかも、なんて。

ガラス張りの建物というより、単純に開放的な場所が好きなので、ガラス張りの建物がそういった雰囲気を持っているのかも。朝には光が差し込むし、夜には暗くなる。ガラス張りの建物で暮らしたいなぁ。なんだか人間らしい生活ができそうじゃない?

一方で、ガラスはどこか無機質で冷たい雰囲気も持ってる。放っておいて欲しい時は放っておいてくれそうだ。ツンとした印象

最近はブログもツイッターも書くし
私自身もいろんな部分のある人間だけれど。

ガラス張りの建物が好きだなぁと気づいたとき、
ガラス・ドームみたいにすんと静かなものや言葉でありたいかな、と思ってしまった。

でも、気分屋なので明日にはまた違う気持ちかもしれません。

 

えりこ。


 

管理人のエリコです🙂
ブログをお読みいただきありがとうございます!
はてなブログにも同じ記事を投稿しており、読者登録コメントなども大歓迎✨
▶︎ https://erikoro.hatenablog.com/
どうぞ気軽にしていただけると嬉しいです🎶



Twitterもやっています♪(@emitabacco
こちらもフォローリプライなどウェルカム〜✨🙂