みんなありがとう:私たちはインディーズバンドなので

 

誰だったかなぁ、「ブログは日記であり、ときどき手紙」みたいなことを言っていた気がする。
インターネットがない時代、私たちは紙に日記を書いていたわけだけど、ブログってなんだか不思議だ。

えりこ
日記のような、交換日記のような、手紙のような、不思議な。

 

今日は、なんだか、というかまぁいつもどこかにあるんだけど、
みんなありがとう」の気持ちなのでこうしてブログ書いてる。

少し前…去年2018年の12月だったかな。

プラントセルでよく出演をさせてもらっている高円寺HIGHのTotalFeedbackに
私は「#プラセルバンド」と太マジックで書いた布を持ち込んでいた。
MCでその布を広げるつもりで持ってきていた。

(これがその布。)

私たちは、インディーズ・バンドなので、
どーん!テレビに出させてもらえるわけでも
だーん!大型フェスに出演させてもらえるわけでも
がーん!宣伝などしてもらえるわけでもなく。

基本的には自分たちでできる、
SNS…TwitterInstagramとか。
(こうしてブログを書くこともそうだけど…。)
ちいさなところからはじめていっていて。

自分たちから少し離れた場所へは、
誰かがオススメしてくれたりとか、
評判とか口コミとか…そういったもので、
少しづつ少しづつ、いいですねと言ってくれる人に出会えてる気がする。

だからそういうのはものすごくありがたいんです。
みんなのおかげです、ありがとう。

そして話は戻るけどこの布にかかれた「#プラセルバンド」タグ。
これは、見に来てくれた人に「よかったらこのタグをつけて感想を呟いてね☆」っていう…。
それこそ口コミの…なんていうかお菓子の新商品のキャンペーンみたいな。笑
(抽選で当たるものなど何もあるわけもないのだが!笑)

だったんだけど…実は事前にメンバーにこの
「#プラセルバンド」タグのアイデアを、話していなかったのです。
なんでかっていうと、私の中にずっと迷いがあった。

来てくれた人には自由にライブを楽しんでもらいたかったし、
感想を言ってくれる人も、言わずに去る人もいる。
でも、それ自体は問題じゃなくて、
私が欲しいのは「来てよかった」と思ってもらえるかどうか?の一点なんです。

だからそれこそこのお菓子のキャンペーンみたいに(笑)、
わざわざ「感想を呟いてね!」…ということに対してちょっと抵抗があった。
そんなことしなくてもみんなが満足してくれてれば良いのではという気もするし。

えりこ
というより、抵抗があったから今までずっとやってなかった…。

 

でも、やっぱりときどき感想を伝えに来てくれる人たちの存在が、
とてもありがたくて、嬉しくて。
何かコミュニケーションがとれないかなぁって思ったりもしてた。
ライブが終わった後も。

ただ、演者とのコミュニケーションを望まないお客さんもいますよね…。
そう思うと、「このタグをつけてくれるか否か?」で、
コミュニケーションの可否を測れないかな…といった部分もあって。

そしてもう一つ。
日々の生活の中で思ったこと。
「欲しいものは口にした方が良いのかなぁ」ということ。
「これって言ってもよかったんじゃないかなぁ」ということ。
言わなきゃ伝わらないことや、言ってみればよかったことってあるわけで…。

人とケンカしちゃうときってありますよね。
それが親しい人であるほどに、
どうでもいい理由だったりもします。

えりこ
甘えちゃうんですよね!笑

 

「がんばったから、褒めて欲しかったな」
「大丈夫っていったけど無理してるの気づいて欲しかったな」

私ってすごい子供で…いや、大人のはずなんだけど。
でも、大人って子供がなっていくもの。
いつまでも子供みたいな感情ってどこかに残っているのかもしれません。

で、逆に「言ってくれればよかったのに!」って思うことも。
何かを誰かに頼むときに、「一人じゃ無理だから手伝って欲しい!」と言われれば
「そっか!じゃあここからここまでは手伝うね!」って案外すんなりいくこともある。

だから、ちょっとこういうことも言ってみてもいいのかなぁって思ったり、などなど。

結局、12月のライブでは、ギリギリまで迷ってて…。
(それこそMCはじまってからもちょっとどうしようと思った。)

でもいつだって、何かをしなきゃはじまらないわけで、
言わなきゃ伝わらないわけで、
私はもうせっかく布も用意したし、
「このタグをつけて感想を呟いてくれると嬉しいですー!」と…言った。言っちゃった。

言っちゃったからには終演後にその旨を公式からツイートもしました。笑

ただ、こういうのは突然言ってもみんな「???」ってなるわけで、
正直反応はすぐにはないだろうな〜とは思ってた。

えりこ
何度か言っていくうちにそのうち浸透すればいいかなって…。

 

ライブ後に日をまたいでも、
Twitterに保存された検索履歴で「#プラセルバンド」もヒットせず。

私はその時にはもうブログを始めていたので、
「#プラセルバンド」タグを作ってみたことや
反応がなかったけど次も呼びかけてみようかなといったことを
ブログに書いていこうかなと思ってた。
自分のした大事な「失敗」として一度書き留めておきたくて。

すると突然ひとつのツイートが現れた。

びっくり。

私の作って呼びかけたタグが、ついている。

間違いとかではなく、その日の私たちのライブに対する感想だった。
私は感動してしまった…。

常々思っているのですが
自分が考えて呼びかけたことに対して
反応してくれる人がいること
決して当たり前ではないですよね…ありがたや…。

すごく嬉しかったので、
なんだか逆に満足してしまって、
もうタグは推し進めなくてもいいかな…なんて実は思ってしまった。
なんかもうそれくらい嬉しかった。ありがとう。

そして2019年になり、その後に続くライブもしています。
が…MCではタグの話はしなくなってしまった(笑)

でも、感想を呟いてくれたり、
#プラセルバンド タグをつけてくれる人がいて。嬉しいです。

「#プラセルバンド」タグ活動を
またやるか…?などとも思っているのですが。

それにしても、今とにかく言いたいことは、
私たちはインディーズ・バンドなので。
自分たちでできることは限られており、
だからこそみんなに支えられていますということ。
ありがとね。

そんな感じです。

 

えりこ。


 

管理人のエリコです🙂
ブログをお読みいただきありがとうございます!
はてなブログにも同じ記事を投稿しており、読者登録コメントなども大歓迎✨
▶︎ https://erikoro.hatenablog.com/
どうぞ気軽にしていただけると嬉しいです🎶



Twitterもやっています♪(@emitabacco
こちらもフォローリプライなどウェルカム〜✨🙂