ドッツラストワンマンとか・・・・・・・・・、

 

違うんですよーーーわたし今日別のことについてブログ書こうと思ってたんですよーーー。

でも家帰ってきたらドッツラストワンマンとか発表してるじゃないですかーーー。
「え、解散?」とかって思うじゃないですかーーー。

でもなんか詳細みてみたら「???」ってなるじゃないですかーーー。
そんでよくわからないから最初からもう一度詳細読み直してみたりするじゃないですかーーー。

えりこ
※ドッツを知らない方に超!簡単にご説明すると、可愛いサングラスみたいなもので目元を隠した状態でパフォーマンスをする正式名称「・・・・・・・・・」(読み方も正式には不明)というアイドルグループで、曲調がちょっとシューゲイジッシュで、「都市」をコンセプトとしていて、なんというか全体的に不思議でミステリアスな印象のものであります。

 

・・・・・・・・・は都市の生成変化をコンセプトとしたグループです。9つの「・」をメンバーとし、「・」は「何の形にでもなれる」新しいタイプのアイドルとして、例えば音や光や匂いや味や振動になったり、記号や言葉や2次元や3次元、無機物や生き物になったりします。時に(サングラスのようなもので顔が隠れ、現場で実際に会うことができる)女の子の形を取ることがあり、その状態になった「・」が「・ちゃん」です。
・・・・・・・・・ 第9回ワンマンライブ 「Tokyo in Natural Machine」より)

 

そうこうしてるうちに、こういう文章よんでるうちに、
なんていうか思考がゲシュタルト崩壊???してきて思うんですよ。

女の子の形を取ることがある。女の子の形。
女の子…女の子…。

えりこ
えっ女の子ってなんだ???

 

で、よくわからなくなって、
女の子を自分の中で再定義したくなっちゃって、
「女の子」を辞書で調べたりする。そこ??
止まらない…。

私は幾原邦彦監督のアニメ作品が好きで、
新作が4月から公開されるので、
「???」ってなって普段だったら考えないことを
延々と朝まで考え続ける日々を送る予定だったんですよ。
(過去記事▶︎幾原邦彦監督アニメ「さらざんまい」楽しみ:事前情報ググってた

でもその前にドッツのラストワンマンが発表されてしまって。
???」で。

ただ、でも単純に「女の子の形をとらなくなる」っていうのは
やはりまぁ、もう、生身でのライブパフォーマンスは
しなくなるってことなんだな…と思った。

ただ…。

ラストワンマンの詳細の画像ないのキャッチコピーにある、
ゆめのはじまり。」というキーワードとか。

ドッツというグループのとる「形態」がかわるのかなぁ…という気もするし。
ドッツはもともとサングラス(?)をしていて目元が隠れてたりして、
ちょっと個性を排除している部分があって、
それがどこか無機質なものかつ抽象的なものに感じられたんですよね。
だから何かより無機質なもの・抽象的なものへ変化していくのかなとか…。

ただ、ただ、さらに、・・・・・・・・・ のツイッター見てると、
一昨日の時点でレコーディングしてるんですよね…。

最後の作品みたいな形になるのかなぁ、
それともただ単に「生身の女の子のパフォーマンス」
が終わりを告げるだけなのかなぁ。

(そもそもドッツって最初のころ、
ボーカルが初音ミクだったような…。
あれ、でも初音ミクも「女の子」だ…。)

 

えりこ
不思議な、ドッツ。

 

都市とは何か、アイドルとは何か、人間とは何か、そんな大それたテーマを視野に入れつつ、「・ちゃん」たちがパフォーマンスで物語る。ぜひお越しください。
・・・・・・・・・ 第9回ワンマンライブ 「Tokyo in Natural Machine」より)

 

ラストワンマンの「Tokyo in Natural Machine」。
Naturral Machineって何だろう…。
ググってみたら、フードの3Dプリンターに行き着きましたが、
これは関係あるのでしょうか…。

えりこ
もうだめだ…わからん…ねよ…。

 

えりこ。


 

管理人のエリコです🙂
ブログをお読みいただきありがとうございます!
はてなブログにも同じ記事を投稿しており、読者登録コメントなども大歓迎✨
▶︎ https://erikoro.hatenablog.com/
どうぞ気軽にしていただけると嬉しいです🎶



Twitterもやっています♪(@emitabacco
こちらもフォローリプライなどウェルカム〜✨🙂