「マグロですが何か?」といった感じで:葛西臨海水族園にマグロを見にいってきた

 

マグロって意外とすんなり泳ぐんだなぁと思った。

2019年の目標は「ハイパーウーマン」!
手帳にそう密かに書き記した私。

いろんなことに手をだす一方で、
何やってんだろ…」とふと我にかえる夜も。

そんなとき、
「そういえば、マグロって泳いでないと死んじゃうんだっけ?」
私も泳ぎ続けなきゃ、死ぬ………

なぜだろうふと、ぼんやりと、思い浮かんだマグロ。
眠れないのでググる夜。

 

泳ぎ続けないと死ぬクロマグロ

泳ぎを止めると窒息するため、たとえ睡眠時でも止まらない。(wikipedia

「泳ぎを止めると窒息するため」
「たとえ睡眠時でも止まらない」。

ロマンチック…。

ずぅっと前に見た大きな水槽にマグロが泳いでいる光景を
わたしはもう一度みたくって。
水族館へ足を運んだ。

 

意外とすんなり泳ぐマグロ

でも、思ったより、ただただ彼らはひたすらにすんなりと泳いでいた。
なんだこれ、全然つまらない。
全然、ロマンチックじゃない、俄然、リアリスティックだ。

 

泳ぎ続けるというマグロのリアル

海中では口と鰓蓋を開けて遊泳し、ここを通り抜ける海水で呼吸する。泳ぎを止めると窒息するため、たとえ睡眠時でも止まらない。(wikipedia

延々と泳ぎ続けるマグロを「ロマンチック」と憧れた私だったが
そこにいるマグロたちはただただ呼吸をするために、
呼吸をしにいくために、水中をすいすいすいと泳いでいくだけだった。

もっと、がむしゃらに頑張ってます!といった感じで
めちゃくちゃに泳いでいるのかと思ってた。

えりこ
全然、自然だった。

 

近くに寄ってみていってみると、
力んで泳いでいるようにも見えないし。

私たちがマグロだぁ!といってガラスにかじりついていても、
「そうですよ?」
「マグロですが何か??」
「平常運転ですけど???」
といった感じ。
すいすいすい。

私は自分のエゴで勝手に思っていた。
睡眠時も泳ぎ続けるマグロを見てその姿に感動して元気をもらってこよう!!」

今なら思うが誠に勝手である。
べつにマグロは頑張って泳いでるわけじゃないのか…?

 

その姿を見て、妙に脱力してしまった自分がいたりして。
そして、それも悪くなかったりして。

ひときわ大きなマグロが目の前を通ったとき、
目がギョロッと動いて目があったような気がした。

でも思い過ごしだと思う。
マグロはマイペースに生きてるだけみたい。

えりこ
(私ももっとフラットに力を抜いて生きよう…。)

 

えりこ。


 

管理人のエリコです🙂
ブログをお読みいただきありがとうございます!
はてなブログにも同じ記事を投稿しており、読者登録コメントなども大歓迎✨
▶︎ https://erikoro.hatenablog.com/
どうぞ気軽にしていただけると嬉しいです🎶



Twitterもやっています♪(@emitabacco
こちらもフォローリプライなどウェルカム〜✨🙂